2006年07月31日

旅行中の留守宅を守る!

夏休み、旅行や帰省で家を空ける機会が増えますよね。

近頃、物騒だし留守宅が心配家
自分で防犯グッズをセットするって手もあるけれど、旅行期間中のみ警備会社にお願いする手もあるらしいよ。

それは「JTB留守番多助」

留守宅に警備機器を設置しておいて、そのセンサーが異常をキャッチしたら25分以内にセントラル保障の警備員が駆けつけるというもの。

1週間、20,100円〜

またオプションサービスとして
 ・ペットシッターサービス
 ・留守宅の室内クリーンサービス
  (ゴミ出し、洗濯など)
 ・留守中サービス
  (植木の水遣り、郵便物の取り込み等)
 ・帰宅準備サポートサービス
  (食品の補充、食事の下ごしらえ等)
と、お金さえ出せば至れり尽くせり。

申し込みに際しては、鍵を2本(オプションサービス申込の場合は3本)預けるんだけど、心配性のワタシは預けた鍵がきちんと管理されるのか、また違う心配が増えたりして… パスワード

詳しくはコチラ
ラベル:海外旅行
posted by arisugawa at 09:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鍵を預けるというのは信頼の証。
信頼でいないなら頼まなければいい。

鍵を不正利用し入室しても旅行中は警備中。
通常、解除の信号は入らないので
もしも、鍵で開けて入室しても
指令センターに異常信号として
入信するので不正入室はできない。

また、鍵の複製等は受領時に封印するので
開封するとわかるのだ。

旅行者には、これはおすすめです。
Posted by ひろ at 2008年02月13日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。